このページは現在(2019-10-22 (火) 15:37:40)作成中です。


担当教員

陰山 聡

演習日

  • 2013.07.18

内容

  • ジョブキュー
  • ハイブリッド並列化
  • 時間計測
  • ハイブリッド並列
  • 補遺 A:Flat MPI 並列化
  • 補遺 B:1 次元領域分割と 2 次元領域分割
  • 補遺 C: 2 次元並列化

講義資料

  • 2013/07/18 講義資料

file130718_practical.pdf

クイズ

方程式

x^x − 2x = 0

の x > 0 の範囲での実数解(近似値)を求めよ。x = 2 は明らかに解である。 これ以外にもう一つの解 β がある。β の値は次のう ちどれに最も近いか?

(a) 0.293(b) 0.346(c) 0.432

(a) と思う人はすぐ下のアンケートに入力。

(b) と思う人は Emacs で M-x animate として自分の名前(1st name)を入れよ。「それ」が終わってからすぐに M-x zone と入力。そして、もう一度 M-x zone と入力。その後、下のアンケートに入力。

(c) と思う人は Emacs で M-x dunnet を入力。これは(かなり難しい)テキストアドベンチャーである。制限時間は3分。ゲームを終了したか、あるいは3分経過したらきっぱりと諦めて下のアンケートに入力。

アンケート

今日の講義(7月4日)はどうでしたか?

難易度

選択肢 投票
簡単すぎ 0  
ちょうどよかった ちょっと難しかった 0  
難しすぎる 0  

分量

選択肢 投票
少ない 0  
ちょうどよい 0  
少し多い 0  
多すぎる 0  

ハイブリッド並列化とはどんなものか分かりましたか?

選択肢 投票
はい 0  
まあだいたい 0  
うーん微妙 0  
さっぱり 0  

as of 2019-10-22 (火) 15:37:40 (7098)