* オリエンテーション [#aa9b94e1]
** 演習の目的 [#mca021d0]
本演習では、計算機シミュレーションを行うために不可欠な知識と技術(並列化の概念、並列プログラミング、スーパーコンピュータシステムの利用方法、データ可視化の手法)の習得を目指す。


* 講義資料 [#d6e44cef]
// - 2016年度シラバス &attachref(160407b_計算科学演習A1_シラバス.pdf);
// -- %%2015年度シラバス &attachref(計算科学演習 Iシラバス_2015.pdf);%%
// -- %%2014年度シラバス &attachref(計算科学演習 Iシラバス_2014.pdf);%%
// -- %%2013年度シラバス &attachref(syllabus.pdf);%%


- 2017/04/13 オリエンテーション資料 &attachref(170413_intro_with_caution.pdf);
- 2017/04/13 オリエンテーション資料 &attachref(170413b_intro_with_caution.pdf);
// - 2016/04/14 オリエンテーション資料 &attachref(160414_intro_without_caution.pdf);
// -- %%2015/04/16 オリエンテーション資料 &attachref(lecture150416_intro.pdf);%%
// -- %%2014/04/17 オリエンテーション資料 &attachref(lecture140417_usui.pdf);%%
// -- %%2013/04/18 オリエンテーション資料 &attachref(lecture130418.pdf);%%


- 2017/04/13 公開鍵と秘密鍵について &attachref(170411b_公開鍵と秘密鍵.pdf);

* 演習の構成 [#fb3378dd]

** 第1クォーター(計算科学演習A1) [#d9ebec5e]


- 4/13  |  オリエンテーション (陰山),UNIX の復習 I(臼井)
-  4/20  |  UNIX の復習 II(陰山)
-  4/27  |  Fortran 90/95 入門 I(坪倉)
-  5/11  |  Fortran 90/95 入門 II(坪倉)
-  5/18  |  データ可視化 I(坂本)
-  5/25  |  休講
-  6/01  |  並列計算とは、OpenMP を用いた並列計算 I(臼井)
-  6/08  |  OpenMP を用いた並列計算 II(三宅)


** 第2クォーター(計算科学演習A2) [#mb34543e]

-  6/15  |  MPI を用いた並列計算 I(谷口)
-  6/22  |  MPI を用いた並列計算 II(谷口)
-  6/29  | MPI を用いた並列計算 III(横川)
-  7/06  |  MPI を用いた並列計算 IV(横川)
-  7/13  | データ可視化 II(坂本)
-  7/20  |   実践編 I(陰山)
-  7/27  |  実践編 II(陰山)
-  8/03  |  (予備日)


* 進め方 [#na0a8384]

-プログラミング演習の形式で進める.
-毎回レポート課題を出し,時間内あるいは次週までに提出してもらう.
-授業で使うスライドを本Wikiに掲載するので,授業中に適宜参照すること.
-- URL: http://exp.cs.kobe-u.ac.jp/wiki/comp_practice/

* 評価について [#k24ffda1]

-各単元のレポート課題の出来によって評価を行う.
-毎回出欠を取る.4回以上の欠席で自動的に不合格となる.



* πコンピュータ(FX-10)について [#x326c6cb]
プログラムを並列計算をさせるためには,πコンピュータのログインサーバ(pi.ircpi.kobe-u.ac.jp)にログインしてコンパイル,実行する必要があります.ログインにはRSA公開鍵認証が必要です.

詳細は[[ログインについて]]を参照のこと.

//Windowsに関する参考資料 &attachref(windows.pdf);